難病に負けずチーム支え 古川黎明・佐藤清流 宮城大会

1、2球目はストライクを見逃し。3球目は空振り。「せいりゅう、頑張れー」の声援の中で、古川黎明の佐藤清流(3年)の短い夏は終わった。
高校1年の冬に難病の潰瘍(かいよう)性大腸炎と診断された。絶食治療で体重は10キロ以上も落ちた。病室で野球中継ばかりを見ては「野球がしたい」と思い続けた。

続きを読む(asahi.com)
http://www2.asahi.com/koshien/93/localnews/TKY201107130145.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。