今も昔も一番人気のヘルシー和食 「豆腐」を使った粋な江戸料理の数々

世界が認めるヘルシーフードとして、日本食(和食)が注目されています。

特に日本の旅館の、代表的な朝食メニュー(ご飯、味噌汁、焼き魚、豆腐、野菜の副菜、海苔、漬物)は完璧なバランス食であると発表されてからは、国内でも朝食を和食にする方が増えているようです。

和食の基礎が確立されたのは、江戸時代のことです。

長く続いた戦乱の世が終わり、庶民が食事を楽しめるようになったことが、料理文化の発展につながりました。

全文を読む(DIAMOND online)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。