潰瘍性大腸炎 患者数は1970年代の10倍以上、20〜40代に多い

潰瘍性大腸炎は、大腸の粘膜にびらんや潰瘍ができ、出血を伴う下痢や痙攣性の腹痛などの症状が出る炎症性疾患だ。かつては欧米に多い病気だったが、日本でも1970年代には数千人だった患者数が、現在では約12万人と急増している。発症は20~40代の働き盛りに多い。

続きを読む(NEWSポストセブン)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。