杏林製薬 潰瘍性大腸炎治療薬ペンタサの坐剤を発売

キョーリン製薬ホールディングスは6月10日、潰瘍性大腸炎治療薬ペンタサ(一般名:メサラジン)の坐剤を杏林製薬から11日に発売すると発表した。(中略)同剤は血便、粘血便を主症状とする直腸の病変に対する効果が期待され、直腸炎型の患者のみならず、直腸部に病変を有する左側大腸炎型、全大腸炎型の患者にも有用と考えられるという。

全文を読む(ミクスonline)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。