漢方薬 新たな可能性 現代薬と併用で薬効回復、症状改善

「伝統医学にも、まだまだ可能性がある」。大阪大医学部の萩原圭祐准教授(44)=漢方医学寄付講座=は、漢方薬の新たな使い方を探っている。関節リウマチやアトピー性皮膚炎、潰瘍性大腸炎といった治療が難しい炎症性疾患でも、現代医療の「現代薬」と組み合わせて効果を発揮する場合があることを見いだした。

続きを読む(東京新聞)

漢方薬 新たな可能性 現代薬と併用で薬効回復、症状改善” へのコメントが 1 点あります

  1.  現在、発病して3年ほどになります。セカンドオピニオンとして、阪大医学部に行ってみようか思案中です。他の病院へ行かれたことのある方いらっしゃいますか?また、そんな話をすると、主治医はへそを曲げてしまわないか少し心配しています。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。