難病医療支援 重症患者の不安が増す

厚生労働省は、根本的な治療法がなく、長い闘病生活を強いられる難病患者への医療助成制度の抜本的な見直し案をまとめた。
助成対象となる疾患数を現在の5倍に広げる一方、既に助成を受けている患者の多くに負担増を求める内容だ。

続きを読む(北海道新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。