三分粥編

トレー左側が冷たい食品、右側が温かい食品です。

1日目 朝食

・三分粥 200g
・梅びしお
・玉ねぎの味噌汁
・そぼろ煮
・リンゴジュース

 

 

三分粥は重湯に少し柔らかいご飯粒が混ざっているものです。梅びしおという梅味の練り物で味を付けて食べました。そぼろ煮は鶏肉と白菜の煮物で、あっさりしています。

 

1日目 昼食

・三分粥 200g
・煮込みハンバーグ
・サラダ
・ノンオイルしそドレッシング
・果物缶(黄桃)
・リンゴジュース

 

 

煮込みハンバーグは鶏ひき肉で、玉ねぎが入ってました。油はほとんどありません。ケチャップで味付けしてあります。また、煮た人参が付いています。サラダは豆腐と茹でキャベツです。

 

1日目 夕食

・三分粥 200g
・豆腐の味噌汁
・蒸魚 40g
・大根の煮物
・茄子の煮浸し

 

 

蒸魚は油の乗っていないさっぱりした魚です。大根の煮物は大根のほかに人参とインゲンが付いています。どれも柔らかく煮てあります。茄子の煮浸しは皮がむいてあります。

 

2日目 朝食

・三分粥 200g
・梅びしお
・白菜の味噌汁
・はんぺん煮
・リンゴジュース

 

 

はんぺんはおでんのような薄味で煮てありますが、ふっくらとしていて触感はなかなかです。付け合せで人参が添えてあります。おかずが少なく少し物足りない食事でした。

 

2日目 昼食

・三分粥 200g
・ささみ香り蒸し
・スープ煮
・果物缶(洋梨)
・レモンティー

 

 

ささみ香り蒸しは脂もなくあっさりしています。上に細切りした人参と玉ねぎが乗っており、とても美味しいです。スープ煮にはカリフラワー、人参、玉ねぎが入っており、かなり柔らかく煮込んであります。

 

2日目 夕食

・三分粥 200g
・味噌焼き魚 40g
・肉豆腐
・青菜の煮浸し

 

 

この日はすべて温かい食品でした。焼き魚の味噌の風味がお粥によくあいます。肉豆腐の肉は鶏ひき肉で、人参と白菜が入っています。豆腐と鶏ひき肉もよくあいます。青菜の煮浸しは柔らかくなってます。

 

3日目 朝食

・三分粥 200g
・玉ねぎの味噌汁
・厚焼き玉子 75g
・キャベツの煮浸し
・リンゴジュース

 

 

卵は甘く作ってありますが、甘すぎず薄味です。薄味は物足りなさもありますが、少量で満足もできます。キャベツの煮浸しは旬の食材(コメントを書いているのは3月です)でもあり、美味しく食べられました。

 

3日目 昼食

・三分粥 200g
・白菜の味噌汁
・鶏肉の照り焼き 40g
・里芋と人参の煮物
・青菜の煮浸し

 

 

肉の40gは非常に少ないです。しかし、他のおかずを組み合わせることで少量でも満足できます。モモ肉を使っていると思われます。今回青菜のに浸しは冷たいですが、煮浸しは温かくても冷たくても美味しく食べられます。

 

3日目 夕食

・三分粥 200g
・ムニエル魚 40g
・大根の煮物
・茄子の煮浸し
・リンゴジュース

 

 

お昼に肉が出たためか、夜は資質の少ないあっさりしたメニューです。ムニエル魚は鱈のような白身魚です。大根の煮物には人参とインゲンが入っています。茄子の煮浸しは以前冷たいものが出ましたが、今回は温かいです。

 

4日目 朝食

・三分粥 200g
・キャベツの味噌汁
・鮭の塩焼 40g
・白菜の煮浸し
・リンゴジュース

 

 

今日の魚は鮭で、結構脂がのっていてとても満たされました。魚の油は炎症を抑える働きがあるので、安心して食べることができます。

 

4日目 昼食

・煮込うどん 120g
・サラダ
・ノンオイル中華ごまドレッシング
・オレンジジュース
 

 

うどんがでました。量は少ないですが、お粥以外のものが食べられ嬉しいです。麺とつゆが別になっており、食べる直前に一緒にします。具は柔らかく煮た人参・ほうれん草、そして鶏肉です。サラダは千切りにして茹でたキャベツ・人参と缶詰のみかんが入ってました。水気はしっかり切ってあります。

 

4日目 夕食

・三分粥 200g
・肉団子甘煮
・中華風旨煮
・青菜の煮浸し
・果物缶(みかん)

 

 

中華は油を多く使っているイメージがありますが、食べる量や作り方次第で食べられるものがあることを知りました。肉団子は豚肉のようです。だしが良くしみています。中華風旨煮はカリフラワー、人参、白菜が入っていてトロトロに煮てあります。スープに油が少し入っています。