2011年12月1日 厚生科学審議会疾病対策部会 第18回難病対策委員会

特定疾患の「入れ替え」という文言は「見直し」という表現に変わりました。が、結局のところ表現を変えただけに過ぎず、入れ替えの可能性はありそうです。対象を広げれば、そこからこぼれてしまうものも当然ある訳で。 以下第18回難病 続きを読む

難病:国の助成、対象拡大へ 法制化視野に厚労省検討

原因不明で完治が望みにくい「難病」をめぐり、厚生労働省の難病対策委員会は昨年末、幅広く公平に助成する方向で検討を始めた。基本法の制定を視野に入れた抜本的な改革で、手当もなく制度の谷間で苦しむ患者を救う狙いがある。法制化さ 続きを読む

潰瘍性大腸炎 患者数は1970年代の10倍以上、20〜40代に多い

潰瘍性大腸炎は、大腸の粘膜にびらんや潰瘍ができ、出血を伴う下痢や痙攣性の腹痛などの症状が出る炎症性疾患だ。かつては欧米に多い病気だったが、日本でも1970年代には数千人だった患者数が、現在では約12万人と急増している。発 続きを読む

元首相 安倍 晋三さん 潰瘍性大腸炎(1)突然の辞任 陰に難病悪化

2007年9月12日、突然の首相辞任が発表され、驚きが広がった。内閣改造後の所信表明演説から、2日後のことだった。 「いったいなぜ今?」。国民のだれもがそう思った。当時、真相は明らかにされなかったが、難病に苦しみぬいた末 続きを読む

マンUのフレッチャー、潰瘍性大腸炎の治療のため当面休養

マンチェスター・ユナイテッド(マンU)は13日、スコットランド代表MFダレン・フレッチャーが健康上の理由により休養に入ることを発表した。 マンUはこの度、昨シーズンから欠場を繰り返してきたフレッチャーについて、「これまで 続きを読む

クリルオイルに潰瘍性大腸炎の炎症を軽減する可能性

海洋バイオテクノロジー企業であるアーカー・バイオマリン・アンタークティック(本社:ノルウェー・オスロ、最高経営責任者:ハルヴァート・ムーリ、以下「アーカー・バイオマリン」)は本日、南極オキアミ由来のDHA・EPA(オメガ 続きを読む

診断・治療の最前線から見つめる,理想の診療の在り方とは

患者数は増加の一途をたどり,もはや特別な疾患とは言えなくなった炎症性腸疾患(inflammatory bowel disease,以下IBD)。従来,専門施設だけで管理・治療されてきたIBDだが,患者数が14万人を超える 続きを読む

タカナシ乳業、LGG菌の大腸炎に対する予防作用を動物試験で確認

タカナシ乳業株式会社(本社:神奈川県社長:高梨信芳)は、プロバイオティクス乳酸菌であるLGG菌(ラクトバチルスGG株)の大腸炎に対する予防作用を米国Vanderbilt大学(Fang Yan准教授)との共同研究により動物 続きを読む

東大、免疫細胞「Th17」の誘導活性を持つ腸内細菌「SFB」の全ゲノムを解明

東京大学は9月15日、免疫細胞「Th17」の誘導活性を持つ腸内細菌の一種であるセグメント細菌「SFB」(Segmented filamentous bacteria)の全ゲノム構造を解明したと発表した。同大学大学院新領域 続きを読む

発言小町 潰瘍性大腸炎の方の仕事

はじめまして。30代のちなです。 いまお付き合いしている男性(30代)が潰瘍性大腸炎という病気を患わっております。 病気のことは理解してお付き合いしています。 彼は発病して8年近くになりますが、ここ2年ほどは安定しており 続きを読む